RIVORA RA1-MUT001

プリントTシャツ 孤高

color White

size L

素材:Cotton 100% 

生産地:日本

  着丈 肩幅 袖丈  身幅

L  72.0  46.0  23.0   48.0

 

RIVOA ART PROJECT

T-SHIRTS

With MASAHISA FUKASE Archives

 

Masahisa Fukase

"A GAME" and "SASUKE"

深瀬昌久 "遊戯" と "サスケ"

 

深瀬昌久 Masahisa Fukase(1934-2012)

北海道の写真館に生まれる。日本大学芸術学部写真学科卒業後、東京を拠点に写真で食べていく道に進む。1974~76年には、荒木経惟、森山大道、東松照明らとともにWORKSHOP写真学校で講師を務めた。写真集に『洋子 / Yohko』(1978, 朝日ソノラマ)、『ビバ!サスケ』(1979, ペットライフ)。代表作に「鴉」が知られる。1992年に新宿の行きつけのバーの階段から転落。活動不能となってしまったため、謎多き写真家として長い間ヴェールに包まれていたが、2014年にトモ・コスガによる「深瀬昌久アーカイブス」が発足し、その相貌が明らかになりつつある。

 

60-70年代、写真家の発表の場は雑誌や印刷物が主であった。月刊誌や『Provoke』のような同人誌で写真を通じたラディカルな社会批判が展開されていた。今回のプロジェクトは、Tシャツという現代の複数性のメディアに載せて、深瀬作品が再びよみがえる試みでもある。

 

<孤高>

写真好きの方の間で深瀬昌久の代表作といって真っ先に思いつくのは、おそらく「烏」だろうと思います。パートナーと心はぐれて、ひとり北へと向かう道中、出会った被写体が嫌われ者のカラスでした。寂しい。悲しい。そんなイメージが漂っている孤独な印象の強い作品たちです。それに対して「サスケ」はまるで正反対。想起される言葉といえば、愛情。あたたかさ。可愛さ。などなど。 これについては、MFAのトモ・コスガさんの『MASAHISA FUKASE』(赤々舎, 2018)で「サスケ」と「烏」を比較した面白い洞察があります。詳しくはぜひお手に取ってお読みいただきたいのですが、それによれば「烏」も「サスケ」も深瀬さん自身を投影したものだということなのです。 前置きが長くなりました。さて、翻ってこの「サスケ」は、他の写真とは異なり、どこか「烏」に近いような印象を持った特異な作品です。逆光を利用してシルエットだけ写し取られたその姿には、「サスケ」がふと見せる凛とした強さも感じられます。馴れ合うだけではない、互いが自立した関係性であることでよいバランスが取れることもあります。それで「孤高」と名付けました。


about RIVORA

物づくりの原点には人が存在し、そこにはたくさんの人が関わっている。そのことは「川」のあり方とよく似ている。それ自体が生命の源であり、

周囲に社会・文化を形成する存在である「川」は、たくさんの人の個性が

合わさることで、より良いものを生み出そうとする物づくりと近い。

そう考え、「川」を意味する3つの言語(river, rio, kawa)の組み合わせから、RIVORAと命名した。

SASUKE 孤高 size L

¥12,500価格
  • 洗濯の際はネットに入れて洗ってください。

    洗剤は中性洗剤を使用してください。

    濡れたままの放置や、長時間の浸漬はしないでください。

    濃色と白・淡色物は分けて洗ってください。

    摩擦やひっかけに、ご注意ください。

    タンブラー乾燥は、お避けください。

こmんぽうについて

VISIT OUR STORE

 

41-5 kamiyama-cho,

Shibuya,tokyo,JAPAN

STAY CONNECTED

  • Grey Instagram Icon
  • Grey Facebook Icon
  • グレーTumblrのアイコン

© 2023 by VESTE. Proudly created with Wix.com