バターケース 200g用

サイズ  W15.7xD9.7xH5.2mm 

容量 0.42L

蓋 サクラ

におい移りもなく冷却性も高い琺瑯と天然木の蓋、木蓋をソーサーにして、そのまま出しても。

野田琺瑯 日本製

 

製品の特徴

・手仕事で釉薬をほど施しているため、表面上に小さな隆起や釉薬のムラ、黒い筋や点が多少見られる等、ひとつひとつの表情には個体差がありますが、安心してお使い下さい。

・このバターケースは、本体の成型上、吊り焼成という工法がとれない為、古くからの伏せ焼きという工法をとっております。本体のフチ部に琺瑯の下釉薬(黒色)を施していますが、複数の焼成跡が残り、水分が残りますとサビる可能性があります。

・木蓋は天然木(サクラ)ですので、ひとつひとつ色や木目などの表情が異なります。

・万が一、破損などで鉄地が露出した場合には、食用油(バター)を塗りお手入れをして下さい。

・バターケース以外でのご使用はおやめ下さい。

・収納する際は、完全に乾かして下さい。長期間ご使用にならない場合は、水分を吸収する和紙や新聞紙などに包み、湿気のない場所で保管して下さい。

 

木蓋について

・ご購入時には、木に施している蜜蝋(天然成分)のにおいを感じることがあります。

・洗う際は、水またはぬるま湯で洗って下さい。洗剤は使用しないで下さい。(天然木の油分が取れてしまうと、変形や亀裂の原因となります。)

・洗った時は水気を取り、陰干しして下さい。

・食器洗浄機・乾燥機の使用は避けて下さい。

・長時間、水に浸けたり、漬け置き洗いは絶対に避けて下さい。

・冷蔵庫に入れてそのままお使い頂けますが、乾燥が気になる場合は、植物油で軽く拭いて馴染ませるなどのお手入れをして下さい。

 

 

 

 

バターケース 200g用 野田琺瑯

¥2,800価格
  • 琺瑯は、型どった鋼板にひとつずつガラス質の釉薬をかけ、850度の高温で焼成した手作りの品です。本体・琺瑯製の蓋は、吊り金具で吊って焼成するため、縁の裏側にその跡が残ります。また、琺瑯の性質上、鋼板の切断部には釉薬がのりにくく、縁及び表面に黒いスジや点が多少見られます。ご使用に支障はありませんので、安心してお使い下さい。

    日常のお取り扱い・お手入れ

    ・直接火にかけることができますが(I Hは不可)、電子レンジでのご使用はできません。

    ・琺瑯の表面はガラス質です。ぶつける、落とすなどの衝撃は表面の割れ・破損の原因となりますので、ご注意下さい。

    ・金属タワシ・クレンザーなどの使用は、表面を傷つける原因になります。

    ・縁部や縁裏の吊り跡は錆びる可能性があります。洗った後は、水分を拭き取って下さい。長く水に漬けるのは避けて下さい。

    ・食品の保存以外での使用は、おやめ下さい。

    ・金属製のスプーン・フォークやお玉などでかき混ぜる際、琺瑯の表面に当てたり、擦ったりすると金属が割れグレーの筋となって表面に残る場合があります。

     

     

こmんぽうについて

VISIT OUR STORE

 

41-5 kamiyama-cho,

Shibuya,tokyo,JAPAN

STAY CONNECTED

  • Grey Instagram Icon
  • Grey Facebook Icon
  • グレーTumblrのアイコン

© 2023 by VESTE. Proudly created with Wix.com